So-net無料ブログ作成


1413194391_edit.png 『英語は「インド式」で学べ!』で英会話力がアップ?

TOIECテスト後は、主にiPodでのリスニングと、
洋書の多読(というほど読んでいませんが)で英語力のアップを図っています。

しかし、インプットの練習ばかりなので、
会話力の向上にも取り組みたいと考えていました。

今回読んだ『英語は「インド式」で学べ!』は、
日本人には難しい、英語らしい表現を身につけることに焦点が置かれています。

キモとなるのは、「英文のカタチとして捉えること」。

その「カタチ」とは、「sound/find/give」の3つの動詞を使った3種類で、

 1.[A] sound [B]  ([A]は[B]のようだ)

 2.[誰] find [A]=[B]  ([誰]は[A]が=[B]であると分かる)

 3.[誰/何] give [人]=[物]  ([誰/何]は[人]に[物]を与える)

の3つで表されています。

これらの表現は日本語の直訳からは作りにくく、
ついついbe動詞やhaveだらけの英文を作ってしまうことが多いものです。

そこで、日本語を上記3つのいずれかの形の日本語に置き換え、
それを英文にすることを著者は勧めています。

amazonのレビューでは賛否ある本ですが、
試してみる価値はありそうです。

英語は「インド式」で学べ!

英語は「インド式」で学べ!

  • 作者: 安田 正
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2013/09/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


関連記事:『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』で英語スピーキング回路を鍛える
     「音読パッケージトレーニング」を開始
     「音読パッケージ」のリピーティングを開始
     英語「音読パッケージトレーニング」4サイクル目に突入
     「音読パッケージトレーニング」2冊目に突入
     『英語耳』で発音の練習
     『日本人の英語はなぜ間違うのか?』
     『一生モノの英語勉強法』鎌田浩毅、吉田明宏
     『世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法』斉藤 淳
     『21世紀の英会話』高城剛
     『たかが英語!』三木谷浩史
     『最後の英語やり直し!』勝間和代
     『ずるいえいご』青木 ゆか、 ほしの ゆみ
     TOEICテストの結果、さて得点は・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。