So-net無料ブログ作成


1413194391_edit.png 大人もハマるよく飛ぶ紙飛行機


飛べとべ、紙ヒコーキ―PAPER AIRPLANE

飛べとべ、紙ヒコーキ―PAPER AIRPLANE

  • 作者: 戸田 拓夫
  • 出版社/メーカー: 二見書房
  • 発売日: 1995/12/29
  • メディア: 大型本


日曜日のTBSさんまのからくりテレビで、
紙飛行機を熱海から初島まで飛ばすという企画をやっていました。

これを見て子供が是非やってみたいというので、早速アマゾンで本を購入しました。

テレビでやっていた「ジュピター」という型はありませんでしたが、
「スペースシャトル」など立体的な紙飛行機までいろいろな種類が載っており、
さらによく飛ぶ紙が100枚も付いてくるので、満足度の高い本でした。

いきなり子どもが「スペースシャトル」を作りたいというので、
子どもと二人で折ってみたのですが、
立体的な構造はコツを掴むまでは少し難しいようです。

初め、子どもの分を折った時は形があまり良く出来ませんでした。

しかし、2回めに自分の分を折った時には慣れてきて、
かなり良い形に仕上がりました(子供に譲ったりはしません)。

さて、飛ばしてみてどうかというと、
最初はすぐに墜落していくのですが、
翼の後ろの昇降舵を調整したところ、気持ちよーく飛んでいきました。

これは大人もハマります。

というか大人の方がハマってしまいました。

家の中だと狭いので、体育館のようなところで飛ばしたいくらいです。

関連記事:九段の科学技術館で子供たち大はしゃぎ
     カップヌードルミュージアムでカップラーメンづくり
     浅草花やしきは付き添い無料で助かります
     席取りに困らない-ららぽーと横浜のフードコート
     東京ガスの科学館「がすてなーに」


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。