So-net無料ブログ作成


1413194391_edit.png Dell InspironのSSD換装失敗・・・原因は単純だった

数年前に買ったDellのノートPC、Inspiron 1545の起動に時間がかかるので、
HDDからSSDへの換装を試みました。

元のHDDの容量は150GB程ですが、空き容量も多いので、
128GBの東芝製(CFD販売)のSSDを8,381円でamazonから購入。


元のHDDよりも小容量のSSDにクローンコピーするには、
フリーソフトのEaseUS Todo Backupを使えば良いとの情報を得て、
早速ダウンロードしてクローンコピーを実行。

クローンコピーには結構時間がかかるので、
そのまま放置して就寝。

翌朝、クローンコピーの終了したSSDを元のHDDと差し替えPCを起動。

しかし、SSDを全く認識してくれません。

ウェブで調べると失敗例がたくさん見つかったので、
その内の幾つかをトライ。

ところが最終的に明らかになった原因は極めて単純でした。

実は購入したSSDは厚みが7mm。
それに対して元のHDDは9.5mm。

この違いはわかっていたのですが、
HDD格納ホルダの底面にSSDをピッタリとネジ止めできたので、
正しくセットされていると思い込んでいました。

しかし、実は底面をやや底上げした状態でないと、
きちんと端子に差し込むことができないのです。

ネジ止めをやめて直接SSDを差し込み、
その後でホルダと蓋をくっつけることで、
SSDがきちんと端子に差し込まれました。

その後、あらためて起動すると無事立ち上がり、
SSDへの換装が終了しました。

皆さんも、もしSSDが全く認識されないようなことがあれば、
SSD端子の固定具合を確かめてみると解決するかも知れません。

関連記事:OpenOfficeと共にhao123も危うくインストール
     注文していたiPad miniが届きました
     レノボのバッテリーを安く購入
     Denchicenter.jpでバッテリー購入
     「とれるカメラバッグ」は子持ちにありがたい


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。