So-net無料ブログ作成
オーディオ ブログトップ
前の1件 | -


1413194391_edit.png 30年前のスピーカー、復活なるか

中学生の頃に買ったステレオ(もはや死語?)。

アンプやカセットデッキなどは捨ててしまったのですが、
スピーカーだけは残っていたので、
このたび新しいアンプにつないで復活させようと思い立ちました。

スピーカーはTechnics のSB-2170というタイプで、
外見は昔のステレオセットによくあった3WAYスピーカー。

今の時代ならこんな大きくなくても十分低音も出るのでしょうが、
昔は低音を出すにはとにかく大きさが必要なのでした。

さて、KENWOODの新しいアンプにつないで音を鳴らしてみたのですが、
う~ん何とも低音不足という感じです。

ネットで調べると、スピーカーにはエージング効果というものがあるそうで、
しばらく鳴らし続けていると、音が出るようになってくるそうな。

週末ぐらいしか音を鳴らせませんが、
これからしばらく色々と試して見ようかと思います。

中学生の当時、『FMレコパル』という雑誌を買って、
いかにいい音を鳴らすか苦心していたことが懐かしく思い出されます。
(でも、CDの出現で小手先の工夫の虚しさを感じましたが・・・)

関連記事:30年前のスピーカー、復活なるか
     ホームセンターで600円で買った踏み台をスピーカー台に
     30年前の3wayスピーカーにAlpair7を導入
     3wayスピーカーのウーハーを交換


前の1件 | - オーディオ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。